『バリー・リンドン』

スタンリー・キューブリック監督作品です。

莫大な制作費をかけたとのことですが興行的には良くなかったそうです。キューブリックはなぜこんな作品を作ったのかわからんという不評も聞かれた作品だったようですが、逆に、さすがキューブリックやっぱり偉大だとキューブリックナンバーワンに挙げるフアンもあるようです。そんな話、面白いですね。わたしはこれ大好きな作品です^^

レドモンド・リンドンというアイルランド出身の男が、バリー・リンドンという名を得た半生を描いた大河ドラマで、18世紀のヨーロッパが舞台です。

 

yjimage-3.jpg

 

成り上がり、最後は没落していく男の人生を、たんたんと描いていきます。波瀾万丈なのですが、要所要所に入るナレーションが、物語の直前に張られた「進入禁止ロープ」のようで、一定の距離感を保つ役割をしているようです。だから登場人物に感情移入するといったことはほとんどないのです。

しかし、3時間という長い作品なのに、観てしまう。飽きない。うーむ、面白い。

最後、画面に『美しいものも、醜いものも、今は同じ、全てあの世』という文字がでてきます。あちゃー、このための3時間。。。「やられたー」と思うのと同じくらい、「ほんまその通り!」とも感じる。なるほど、これを感じるための3時間か。。。面白いわ。見終わったあとは何か不思議な気分になるのです。諸行無常。

キューブリックは、本物の城館を使うこと、本物の衣装を使うこと、本物の光を使うこと、18世紀のバロック音楽を使うことにこだわって制作したそうです。ライトは使わず、明かりは室内や夜のシーンはろうそくの光だけを使い、NASAにしかない貴重なカメラを用いて撮影したそうです。「18世紀のヨーロッパをそのまんま再現した」と評されているほど。

 

yjimage-1.jpg

 

興味深いのは本物であればあるほど不思議なことになぜか「滑稽さ」がにじみ出てきます。本物の城館、本物の衣装、本物の光、本物の音楽のエネルギーを最大限に用いて、奇才といわれる映画監督はこんなにも妙なバランスの映画を作るんだなと感動しました。

 

yjimage-2.jpg

 

あともうひとつ面白かったのは、この作品を観た後に、時代物の映画はしばらく観れなくなるという副作用がありました。よっぽど手の込んだセット、衣装をつかった作品じゃないかぎり、うすっぺらに見えちゃって。本物はすごい!(映画館で観たかったなー)ぜひ、ご体験あれ。

 

最後にテーマ音楽、ヘンデルの「サラバンド」がとても印象的です。

 

 

*『バリー・リンドン』/1975年/イギリス、アメリカ/184分/監督 スターリン・キューブリック/出演 ライアン・オニール マレサ・ベレイソン パトリック・マギー

 

広告

『Fish Tank』

イギリス、低所得者向けのアパートに住むミアは15歳。ダンスの練習をしてる。

 

o0600040013698101921.jpg

 

育児放棄気味のシングルマザーの母と、たぶん父親が違う妹と暮らしている。

 

yjimage-10.jpg

 

学校は辞めた。友だちとも上手くいかない。

妹はうざいし、母親は男を連れ込んでいる。

トレーラーハウスがある空き地に鎖で繋がれているやせた馬が気になるミア。

衝動的に馬の鎖を切り離そうとするが、持ち主の男達に見つかって乱暴されそうになる。

 

 

母が連れ込んだ男コナーはこれまでの男とは違ってミアに乱暴に怒ったりしない。

ミアのダンスを褒めてくれたし、家族をドライブに連れて行ってくれた。

川で魚を捕ってくれたし、ミアが足をケガしたら丁寧に介護してくれた。

ユーモアがあって一緒にいてたのしいコナーは、お父さんのようにおこずかいもくれるし、セクシーな香水をつけている。

 

yjimage-12.jpg

 

 

かなりすさんだ生活のなかにいるミアといっしょに、コナーへの暖かい思いを感じながらこの映画を観ていて、後半、かなりショックを受けました。

 

ミアは一人で生きていくしかないのです。

母も一人で生きていくことしかできない。

妹もこの先幸せになれるかわからない。

最後、一瞬の家族のふれあいが、ほんの少しの救いです。

 

この映画はとてもリアルで、15歳の少女の絶望と若さが持つ生きる力が魅力的ですが、すごく残酷な現実を見つめる作品でもあります。コナーは特別な人ではなかった。父性も愛情も薄っぺらなものだったということがショックのあとにじわじわと分かるのです。

 

性描写があり、子どもとは観れないけど、すごくこころに残る作品でした。

 

予告編>

 

 

労働者階級の人達(特に若い女性)を描く作品を作って、ケン・ローチともよく比較論議されてるというアンドレア・アーノルド監督は女性です。

他の作品も探して観たくなります。

新しい監督作品は『アメリカン・ハニー』(2016年)らしいです↓

 

 

 

*『フィッシュ・タンク』/2009年/イギリス/監督 アンドレア・アーノルド/出演 ケイティ・ジャーヴィス マイケル・ファスベンダー ハリー・トレッダウェイ カーストン・ウェアリング

ゲート・トゥ・へブン

インド人のニーシャとロシア人のアレクセイの恋がストーリーの中心のコメディ。

踊ります(笑)すこしだけどね。

ニーシャがすごくすごくすごくかわいい!!

mqdefault.jpg

 

『世界一のイチゴミルクの作り方』(2014年)のファイト・ヘルマー監督の作品です。 →こちらも読んでね^^

 

舞台はフランクフルト空港。

インド、ロシア、アフリカ、クロアチアなどのさまざまな国の人達が登場するお話。

みんなワケあり。

 

世の中の制度からこぼれ落ちた人たち。

ファイト・ヘルマー監督は、ファンタジックにやさしくユーモアで物語を包むけれど、人々の暮らしに大切なことは何?という本質を問う作品を作っていることがわかります。

 

国境って何?

 

ほかの出演者も面白いですよ。

 

ヘルマー監督作品じゃないけど、『アンダーグラウンド』(エミール・クストリッツァ監督/1995年)に出演していたニキ・マイノロヴィッチが、怪しいブローカー役で出ています。むちゃはまり役!

kustu-underground.jpg

ヒゲの人↑ 『アンダーグラウンド』より。こちらもおもしろい作品!

 

予告編>

 

*『ゲート・トゥ・へブン』/2003年/90分/ドイツ/監督 ファイト・ヘルマー/出演 マースミー・マヒージャー ヴェレラ・ニコラエフ ミキ・マイノロヴィッチ ウド・キアー

 

『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

 

 

コーエン兄弟の作品です。切ないほどに上手くいかないフォークシンガーの話だけどどことなくユーモラス。起伏のない展開にも関わらず、観やすい作品でじっくりと楽しめます。

 

まずは予告編>

 

 

主役のオスカー・アイザックは初主演作品だそうですが、好演です。他の出演者もそれぞれの役者さんがひとりひとり丁寧に魅力的に演じていて、観ていて飽きることはありません。

 

yjimage-8.jpg

 

ライブハウスなどでの歌のシーンが何度もあって、いちいち良いです。サウンドトラックも人気のようです。

 *
ちょっとしたトラブルから猫を連れて行動しなきゃならなくなるルーウィン。
何事にもつっけんどんな彼が実はやさしくて不器用な男だということを見せてくれるのが猫の存在。もっと言うと、猫は、彼の心、「彼自身」なのかもと思いました。
抱いていれば暖かいが、ふと逃げていくから探さなきゃいけない存在。どうしようもないときには置き去りにする存在。
オスかメスか、名前さえも知らないそんな猫。
自分のやりたいこと、やるべきことを探して「俺っていったいなんなんだ!」とか「しょうがないな」と思いながらも一人生きていくルーウィンがときに猫自身にだぶって見えました。
yjimage-6.jpg
あらすじ>
60年代にボブ・ディランらとともにニューヨーク・グリニッジ・ヴィレッジのフォーク・シーンで活躍したデイヴ・ヴァン・ロンクをモデルに描く音楽ドラマ。音楽に対してだけは頑固で、それ以外のことにはまるで無頓着なしがないフォークシンガーのルーウィン・デイヴィス。金も家もなく、知人の家を転々とするその日暮らしの日々を送っていた。そんなある日、泊めてもらった家の飼い猫が逃げ出してしまい、成り行きから猫を抱えたまま過ごすことになる。
*『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』/2013年/アメリカ/104分/監督 ジョエル&イーサン・コーエン/出演 オスカー・アイザック キャリー・マリガン ジャスティン・ティンバーレイク ギャレット・ヘドランド ジョン・グッドマン

 

『聖者の谷』

インドの映画。(踊りません笑)

舞台はカシミールのダル湖。

若者グイザールはダル湖で観光客向けの小さな屋形船の仕事をしている。

 

yjimage-4.jpg

 

友だちのアフザルはおもしろいやつで気が合う。

アシファという水質調査をしている女性と出会い恋をする。

彼女はダル湖の水質汚染を嘆きクイザールにコンポストトイレの作り方を教える。

このインドの青春物語には、政治、環境、若者が地方で生きるということが、みずみずしい若者の視点から描かれる。

一生懸命でやさしいグイザール。

叙情的な映像と音楽。

すばらしかったです。

あ、劇中、カロムらしきゲームの登場します^^

 

予告編もすごくいいですよ>

 

*『聖者の谷』/2012年/インド、アメリカ/82分/監督 ムーサ・シード/出演 グルザール・バット ニーロファル・ハミッド アフザル・ソーフィー

『孤独のススメ』

 

「演奏は難しくない。正しい鍵盤を、正しい時に弾けばよい」ーバッハ

冒頭、流れるこの文章。

ええ〜、そんなんむつかしいよーーと、苦笑しながら観はじめました。

 

主人公のフレッドは一人暮らし。神経質な真面目おじさん。どこかに悲しみを抱えているのはわかるけど、偉そうで頑固そうで弱そう。面白みゼロの人物。演じるのはトン・カス。抑えた抑えたギャグキャラクター、おじさんど真ん中。上手いんだなー。

 

kodoku_sub3.jpg(フレッドが暮らす家のしつらいが素敵です)

 

この作品は、そのフレッドの心の解放物語。邦題のイメージと中身がちょっと違ってます。淡々としたテンポで話しが進んでいくけれど、とってもとっても感動作なのです。ちなみに原題は『マッターホルン』。

 

yjimage.jpg

 

 

あらすじ>

オランダの田舎町、単調で振り子のような毎日を生きる男やもめのフレッド。人づきあいを避けひっそりと生活していた彼の元に、ある日突然、言葉も過去も持たない男テオが現れる。帰すべき家も分からず、やむなく始まった奇妙な共同生活だったが、ルールに縛られていたフレッドの日常がざわめき始め、いつしか鮮やかに色づいていく――。心のままに生きることは難しい、でも大切なものに気づかない人生ほどわびしいものはない。すべてを失くした男が、名前すら持たない男から学んだ幸せとは――?(公式HPより)

This is my life.

ありのままに

これがわたし

これがわたしの人生

人と人との出会い

それが愛そのものというメッセージ

 

挿入歌はほとんどバッハなんだけど、最後はこの歌。

 

 

予告編>

 

*『孤独のススメ』/2013年/オランダ/86分/監督 ディーデリク・エビンゲ /出演 トン・カス ルネ・ファント・ホフ ポーギー・フランセ/原題 『Matterhorn』

 

『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』

すごい映画を観ましたよ!!

主役は6人の4歳児と一匹のハナグマ、タイトルはリリカル。。。

だけど内容は、

『やかまし村の子どもたち』と『私はダニエル・ブレイク』と『マッドマックス 怒りのデスロード』を足して、ミュージカルにした感じ!

って、どんなんやねん!

 

18446732_410019866036152_6453317160754097233_n.jpg

 

おかしい大人の言うことなんかきかないぞ

抗議するし、行動するし、団結する子どもたち

キレッキレなのにほんわかしてる

 

 

1013907_03.jpg

 

ハナグマがいちばんかしこくて、なんでもできてびっくり!

 

大人もやけど、子どもにぜひぜひ観てほしいなーー

 

<あらすじ>

大好きなおじいちゃんとおばあちゃんを老人ホームから救い出すため、幼稚園を脱走した6人の4歳児と1匹のアカハナグマ。その名も“ハナグマ・ギャング団”が次々と巻き起こす、奇想天外な作戦の数々に村の大人も、親たちも大騒ぎ。やがて天才アカハナグマのクアッチが、世界一フツーで退屈だった村をハッピーな楽園に変え、おじいちゃんとおばあちゃんを連れ戻す大発明を思いつきます。それは、“世界でいちばんのイチゴミルク”でした。(公式HPより)

 

 

*『世界で一番のイチゴミルクのつくり方』/2014年/ドイツ/83分/監督 ファイト・ヘルマー/出演 ファビアン・ブッシュ ベンノ・フュルマン クリスチャン・ハーティング アレクサンダー・ジェーア ウド・シェンク

『わたしは、ダニエル・ブレイク』

「映画にはたくさんの伝統がある。その一つは、強大な権力を持ったものに立ち向かう人々に代わって声をあげることだ。そしてこれこそが、私の映画で守り続けたいものだ」

この作品で第69回カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したケン・ローチ監督が受賞のスピーチで語った言葉だそうです。

イギリスの労働者階級の人々や貧しい人々の視点で映画を作り続けてきたケン・ローチの今作品は、上質で洗練された映像で撮られたドキュメンタリーのようなリアルさがある作品です。

だけど、場面のひとつひとつ隅々まで実は練られた「意味」があるのです。私は3回観ましたが、その都度に隅々にまでメッセージがきちんと与えられていることに気がつき驚きます。それなのに分かりやすくてシンプルなのは、ケン・ローチの深い知性とあきらめない思考があるからだと思います。

 

 

<あらすじ>

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子どもの家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。(公式HPより)

 

yjimage-6.jpg

 

ケイティは古いアパートに引っ越したばかり、暖房を入れるお金もない。ダニエルは、木工の魚がゆれる手づくりのモビールをケイティの娘に送ります。かしこくてがまん強い娘の顔がふわっと喜びに満ちます。人々のつながりの豊かさを思う場面です。

 

セイフティネットからこぼれ落ちた人々。

人生には追い風が必要なときがある。

しかし、人々は、「国」から与えられるだけの存在ではないのです。「国」は人々から成り立っている。その本質を「国」が理解できていないことへの怒り。それがこの作品です。

 

私はダニエル・ブレイク。

一人の市民だ。

 

 

*『わたしは、ダニエル・ブレイク』/監督 ケン・ローチ/2016年/イギリス フランス ベルギー/100分/出演 デイヴ・ジョーンズ ヘイリー・スクワーズ

 

 

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

水の中で息を止めたままいるような人生

心が壊れて魂がむきだしになっていて感情の調節がむつかしい

ふとしたことから背負った罪

yjimage-3.jpg

悲しい過去を持つ男リーとやさしい父を失った16歳の青年パトリックの物語

海沿いの冬の町

透明感のあるうつくしい映像

交差する過去と今

c0118119_19181793.jpg

なにより脚本がすばらしい

リーを演じるケイシー・アフレックの猫背

物語のはしっこに少しのユーモアがあって

ルーカス・ヘッジズ演じるパトリックに彼女が2人いることも微笑ましく

こころにじっくり沁みていく良い作品でした

<あらすじ>

アメリカ・ボストン郊外でアパートの便利屋として働くリーは、突然の兄の死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきた。兄の遺言で16歳の甥パトリックの後見人となったリーは、二度と戻ることはないと思っていたこの町で、過去の悲劇と向き合わざるをえなくなる。なぜリーは心も涙も思い出もすべてこの町に残して出て行ったのか。なぜ誰にも心を開かず孤独に生きるのか。父を失ったパトリックと共に、リーは新たな一歩を踏み出すことができるのだろうか・・・・・・?(公式HPより)

 

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑